【Python 入門】リスト① リストの定義と要素の取得

文字列の説明でも取り上げましたが、Pythonでは多くのデータを一つのデータとしてまとめて扱えるようにシーケンス型というデータが用意されております。その代表的なものとしては「リスト」があります。「リスト」は他の言語では「配列」と呼ばれたりするもので同じような感覚で使用することができます。

今回はそのリストの定義方法と要素の取得方法について説明いたします。

リストの定義方法

リストの定義方法はまず複数のデータを「,(カンマ)」区切りで並べその両端を“[ ]”で囲うことで定義することができます。

リストの構造

上記は文字列のリストとなりますが、リストでは文字列や数値といった様々なデータを扱うことができます。リストの中のデータの型は揃える必要がなく、文字列や数値が一緒に入っていても問題ありません。がしかし、後の処理でTypeErrorを起こす可能性が大きくなるのでやめておいたほうが無難です。

リストの定義で覚えておかなければいけないのは扱う記号は”[“であるということ。リスト以外のシーケンス型のデータでは”(“で定義するものであったり、”{“で定義するものも存在し、それらを覚えるうちにどの記号がとのシーケンスと紐づいているか混乱してしまいがちなので、リストは”[“であるということをしっかりと覚えておきましょう。

その都度調べればよいものですが、いちいち調べるのに時間がかかりますので実装に関する知識は覚えておいたほうが早くモノが作れるとここ最近痛感します。

リストの要素の取得

次にリストの中のデータの取得方法について確認します。リストはシーケンス型なので要素の一部を取り出す場合は文字列の時と同様にインデックスを指定して取得します。インデックスは文字列の時と同じなので、データ数を”n”としたら「最初が0、最後がn-1」、後ろからであれば「最初が-1、最後が-n」です。

インデックスの見方

また複数の範囲を指定したい場合は「:(スライス)」を使用します。スライスを使用した場合はデータが一個ずつ取れるのではなく指定した範囲のデータがリストとして取得できます。また、スライスは開始値は切り出し対象に含まれますが、終了値は対象にならず終了値-1までの値が切り出し対象となることを気をつけてください。

スライス指定

リストの内容を全て表示する場合は変数をそのまま記載するか「:(スライス)」を用いて開始値、終了値を省略することで出力できます。この辺は文字列や数値のように変数をそのまま記載する感覚と変わらないですね。

他の言語であれば配列をそのまま出力すると上記のように全件表示にならなかったりするのですが、Pythonはその辺りを気にしなくてよいです。

注意点としては文字列の場合と異なり、スライスで指定した場合とインデックスで指定した場合の動作が異なります。以下のコードを実行してみてください。

上記のコードのインデックスによる指定とスライスによる指定は同じデータを指し示していることがわかると思いますが、出力結果はそれぞれ異なりますインデックスで指定した場合はデータのみの出力となりますが、スライスで範囲を指定した場合はリストのデータが出力されています。

つまり、インデックスはデータのみを対象とするのに対し、スライスはリストの箱ごと切り出します。同じ範囲を取得しているように見えて異なるデータ型に変形しておりますので、何も考えず処理を行っていると「TypeError」が発生してしまうのでしっかりと覚えておきましょう。

以上で、リストの定義方法と要素の取得については完了です。次回はリストの中のデータの操作方法について確認していきます。

今回はここまでです。お疲れ様でした。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

本業ではPHPを使ったWEBアプリやJavaを使用した基幹アプリを作成しております。Pythonは個人的に勉強しており、E資格を取ったりしたおかげで、業務でAIの研究とかも任されるようになりました。学習のアウトプットのために本サイトを運営しておりますが、これからPythonを学ぶという人のお役に立てればいいなと思います。わからないことや調査して記事にしてほしいことがございましたらご連絡いただけると幸いです。

コメント

コメントする

目次
閉じる