【Windows10】ショートカットキーで超簡単!スクリーンショットの取り方、方法まとめ

スクリーンショットを取りたい場面というのはかなり多いとは思いますが、「あれ?どうやってスクリーンショットを取るんだっけ?」となってしまうことも多いかなと思います。

今回は、WindowsPCにおけるスクリーンショットの基本的な使い方、やり方、また超簡単にスクリーンショットが取れてしまうショートカットキーのご紹介をいたします。最初知った時はなんて便利なんだ!と思いましたのでその感動を共有させてください。

基本的なスクリーンショットの取り方

まずは基本的なスクリーンショットのやり方について確認します。キーボードとアプリとで2通りのやり方がありますのでそれぞれご紹介いたします。

1PrintScreenを使用した方法

スクリーンショットを取る最もよく知られた方法としてはこのキーボードの“PrintScreen”を使用した方法かなと思います。手順は以下の通りです。

1. スクリーンショットを取りたい画面をウィンドウに表示させる。

Excel画面

2. 画面を表示させたらキーボードの”PrintScreen”キーを押します。

PrintScreenキー

3. PrintScreenキーを押すとWindowsのクリップボードに保存されますので、そのまま貼り付けたい場所に「貼り付け」もしくは[Ctrl]キー + [V]キー で貼り付け(ペースト)ます。クリップボードとは簡単に説明しますとコピーした画像やテキストを保存する領域の事です。

ペイント画面
2SnippingToolを使用した方法

もう一つは[SnippingTool]というアプリケーションを利用した方法です。わざわざアプリを起動するのが面倒に感じるかもしれませんが、使ってみると結構便利で”PrintScreen”キーより愛用している人も多いのではないでしょうか。

1.  Windowsキーよりメニューを開き検索ボックスに[Snipping Tool]と入れます。

SnippingTool

2. アプリケーションが立ち上がるので、「新規作成」ボタンを押下します。すると、スクリーンショットを撮る範囲を指定できるようになりますので、任意の範囲を指定します。

SnippingTool_新規作成
領域選択

3. 範囲を指定するとアプリケーションに撮影した画像が表示されますので、保存ボタンより画像を保存することができます。また、クリップボードにも保存されていますので、そのままペーストすることもできます。

SnippingTool_保存

超簡単なスクリーンショットの取り方

それでは一番おすすめなスクリーンショットの取り方についてご紹介いたします。

[Windows]キー + [Shift]キー + [S]キー

Win10から導入されたショートカットのようですが、[Win]キー + [Shift]キー + [S]キーの同時押しで指定した画面領域の撮影をすることができます。

1. [Win]キー + [Shift]キー + [S]キーを押します。

2. SnippingToolで新規作成をクリックしたときのような画面に切り替わりますので、撮影したい領域を選択します。

Win + Shift + Sキー
領域選択2

3. スクリーンショットの撮影が完了すると右下に撮影した結果が表示されクリップボードに保存したことが通知されます。

貼り付け

4. 後は適当に貼り付けて完了です。

この方法はとても重宝してWin10随一の神機能だと個人的に考えております。資料を作るのに要所要所さっとスクショが欲しいときとかによく使いますし、単体テストなどでも大活躍です。

番外編

その他、別ベクトルでスクショを撮りたいときに以外に便利なツールや機能をご紹介いたします。

ステップ記録ツール

Windowsに標準搭載されているステップ記録ツールといわれるものです。通称「PSR」です。よくMicrosoftサポートで問題の再現をするときにこれで手順を撮ってくれと指示されるツールですが、撮影を開始するとクリックした際にスクリーンショットが撮られていき、最終的に一連の流れとして今まで撮影した手順を記録してくれるものです。そこまで詳細な資料としては必要ないけど手順書みたいなのが欲しい…!という時に以外に使えたりします。

1. Windowsメニューから[ステップ記録ツール]を検索し、起動します。

ステップ記録ツール

2. ステップ記録ツールが起動しますので、「記録の開始」より撮影を開始します。

ステップ記録ツール_開始

3. 撮影したい手順を実施します。この時重要なのが、記録したい手順で必ずクリックをしてください。クリックしたタイミングで手順が記録されますので。

ステップ記録ツール_記録中

4. 手順を終えたら「記録の停止」をクリックします。

5. すると、今までの撮影した内容がすべて表示されますので、内容を確認し問題がなければ「保存」より任意の場所に保存してくだい。

手順結果

Excelからスクリーンショットを撮影する

もう一つはExcelから撮影する方法もあります。基本的にはSnippingtoolや[win] + [shift] + [s]キーの方がいいのですが、Excelで作業する場合はこっちのほうが早かったりします。

1. Excelの[挿入]タブより[スクリーンショット]をクリックします。

Excel_スクリーンショット機能

2. 撮影する画面の選択が表示されます。上部に表示されているのが、現在使用しているアプリケーションの画面の内容です。下部にある[画面の領域(C)]はSnippingToolと同様に撮影領域を選択しスクショを撮るものです。

3. 撮影が完了したらそのままExcelに貼り付けられます。

以上です。いかがでしたでしょうか。

[win] + [shift] + [s]キーは非常によく使用しており、コピペのショートカット並みによく使うので是非とも覚えて日々の業務や、学校のレポート作成等に役立ててください。

ここまで読んでいただきありがとうございました。

お疲れ様でした。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

本業ではPHPを使ったWEBアプリやJavaを使用した基幹アプリを作成しております。Pythonは個人的に勉強しており、E資格を取ったりしたおかげで、業務でAIの研究とかも任されるようになりました。学習のアウトプットのために本サイトを運営しておりますが、これからPythonを学ぶという人のお役に立てればいいなと思います。わからないことや調査して記事にしてほしいことがございましたらご連絡いただけると幸いです。

コメント

コメントする

目次
閉じる