リポジトリについてわかりやすく解説【リモートリポジトリとローカルリポジトリ】

今回はGit等のバージョン管理システムにおいて重要な単語であるリポジトリについて解説いたします。
単語の意味が分からないとGitの扱い方について戸惑ってしまうと思いますので、使いたての人でもわかるようにイメージ付きで解説していきます。

スポンサーリンク
目次

リポジトリとは

リポジトリとはフォルダやファイルのそれぞれのデータを保存しておく場所のことです。

リポジトリにはこれらのファイルの変更履歴が記録されていきます。
そのため、リポジトリ内にあるデータの変更を行うと、「いつ」「だれが」「どのような」変更を加えたかが逐一記録されていきます。

このようにして管理することでどのような変更を行ったかが時系列でわかるようになるのに加え、一つのファイルに対して複数人で変更を行う場合はそれぞれの変更を管理することが容易になるので変更箇所の結合などが楽になります。

リポジトリの種類について

リポジトリには2種類存在するのでそれぞれの特徴や役割について解説いたします。

リモートリポジトリとは

リモートリポジトリとはサーバー上にあるリポジトリとのことです。
通常Gitなどのバージョン管理システムを利用する場合は、公開されているGitサーバーか自ら構築した専用のGitサーバーにあるリポジトリに対して操作を行います。

そのため、自分が持っている端末からは通信を介してGitのサーバーにアクセスしてリポジトリに変更を適用するなどの操作を行います。

この、Gitサーバーに作られたリポジトリがリモートリポジトリとなります。
文字通りリモートでアクセスするリポジトリがリモートリポジトリというわけです。

リモートリポジトリに対して行われるコマンドとして代表的なものは以下です。

・push
・merge

ローカルリポジトリとは

ローカルリポジトリとは自分の端末にあるリポジトリのことです。
要はインターネットを介さずに自分専用に用意されたリポジトリというわけです。

ローカルリポジトリは手動で自ら作成するか、リモートリポジトリをクローンしてきた際にリポジトリの保管場所として自動的に作成されます。
作業者はこのローカルリポジトリを使っていろいろな変更をファイルに加えていくことになります。

サーバーとは隔離されているので他の作業者と競合が起きないので安心して作業を進めることができます。

ローカルリポジトリに対して行われるコマンドとして代表的なものは以下です。

・commit
・pull

リポジトリのまとめ!

リポジトリとはバージョン管理システム上の保存場所のこと
・リポジトリにはリモートリポジトリローカルリポジトリの2種類ある!
リモートリポジトリサーバーで管理されるリポジトリだよ!
ローカルリポジトリ自分の端末で管理しているリポジトリだよ!

いかがでしたでしょうか。
基本的にはリポジトリは何かとリポジトリの種類について大雑把に理解できていれば問題ないと思いますので、まとめの部分だけでも理解しておくといいと思います。

今回はここまでです。
お疲れ様でした。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

本業ではPHPを使ったWEBアプリやJavaを使用した基幹アプリを作成しております。Pythonは個人的に勉強しており、E資格を取ったりしたおかげで、業務でAIの研究とかも任されるようになりました。学習のアウトプットのために本サイトを運営しておりますが、これからPythonを学ぶという人のお役に立てればいいなと思います。わからないことや調査して記事にしてほしいことがございましたらご連絡いただけると幸いです。

コメント

コメントする

目次
閉じる