プログラミング言語初心者にPythonがおすすめな理由について解説!

Python Anaconda

今回はプログラミング言語を何か学ぼうとしている人に向けてPythonが何故おすすめとされているかについて解説していきます。

プログラミング言語を始めたいと考える人にとって何を最初に学べばいいかは迷うところだと思いますので、その選択肢の一つとしてよく挙げられるPythonをご紹介していきます。

また最初の言語でPythonはやめとけと言われる理由についても触れていますので、それぞれの情報からPythonを選択するかどうかのご参考になれば幸いです。

スポンサーリンク
目次

Pythonが初心者におすすめな理由!

プログラミング言語の中でも学習が比較的簡単

数あるプログラミング言語の中でもPythonの学習のしやすさは抜きんでているといわれています。実際私も C 言語や Java , PHP 等々の言語を扱うことがありますが、 Python の習得のしやすさは群を抜いていてそれが今お気に入りの理由はそれでもあります。

プログラミング言語は習得の難易度が高くそれだけに学習の段階で挫折してしまう人が本当に多いです。
専門用語が多いうえに複雑な構文を覚えないといけないのでモチベが保ち辛いのが非常にネックです。

なので、プログラミング言語を学習するという点においては、根気よくやることが大事…なのではなく、いかにして学習に関する障壁を取り除き自分がモチベーションを保ったまま学習を進められることが非常に重要です。

Pythonは構文が割と簡単で、ソースコード自体も見やすいのでコードの意味を理解しやすいです。
また複雑なプログラムも偉い人がライブラリという形で簡単にして提供してくれているので、簡単にハイクオリティなプログラムが作れて、モチベーションの維持にもつながります。

Python が最初に学習するプログラミング言語として一番いいとまで言われている理由はこれらの「学習が簡単である」というのが大半を占めていると言えるでしょう。

プログラミング言語の中でも将来性が高い

最近は名前を聞きすぎて知ってるよという人もかなり多いかと思いますが、Pythonは数あるプログラミング言語の中でも最も将来性に溢れているといっても過言ではないです。

IT業界は流行り廃りのサイクルが早いので学ぶ言語においても将来的には使われなくなるかもという言語よりは、これから未来に満ち溢れているという言語の方がおすすめしやすいです。
また、日本では世界的に見るとそこまで浸透していないという状況から、ここからますますPythonの需要が高まる可能性が十二分にあります。

なので、これから学ぶならこの先も出番が多くなるPythonがおすすめとされています。

ただし、消える消えるといわれているような言語もなんだかんだ普通に活用されているので、プログラミング言語の廃りの心配は案外杞憂であることが多いです。

簡単な仕事から高度な仕事まで幅広い

Pythonは簡単な仕事から高度で需要が高い仕事まで幅広く存在します。
簡単な仕事でいうと例えばスクレイピングのプログラミングだったり、高度な仕事でいえば皆さんご存知の人工知能(AI)の仕事まで幅広いです。

なので、技術を習得したらすぐにネットで仕事を見つけるといったことが可能であり、プログラミングでお金を稼ぐというイメージがしやすくモチベーションにもなりやすいです。

他の言語だと、例えばJavaなんかは大規模開発がメインでいきなりとんでもなく複雑で大量のソースコードを見ると不安になるし、自分の仕事のイメージもしづらくそこで「自分にはプログラミングは無理かもしれない…」と消極的になってしまうこともあります。

なので小さいことから仕事にできてその後の高度な仕事にも結び付けられるPythonはおすすめできます。
最初から使えて最後までお供になれるポ●モンでいうなれば御三家のような存在ですね。

初心者にはやめとけと言われてしまう理由。。。

Pythonは初心者におすすめと各所で言われていますが、それに対しておすすめできるような代物ではないという意見をもつエンジニアもいらっしゃるのは事実です。

なぜそのような考えになるのかもしっかり把握してこれからやりたい、なりたいエンジニア像に合致しているか吟味してみてください。

日本ではあまり主流でない

おすすめできないとされる一番の理由はPythonは日本の主流ではないことです。
昔よりも案件は大分増えましたが、それでもやはり多くの案件は C や Java , PHP といった言語です。

日本におけるエンジニアの仕事の大半は既存システムの改修だといわれておりますが、既存のシステムが昔から人気のある C , Java , PHP といったプログラミング言語で作られているので、仕事も当然ながらこれらのプログラミング言語で遂行されます。

また、AIでこそPythonの需要は滅茶苦茶高いですが、求められる技術力もそれ相応に高いです。
そのため初心者が扱えるような案件はそれほど多くなく、仕事で見ると上述したプログラミング言語をやったほうがいいという人が多いです。

これからもっと Python の案件は増えるでしょうが、学ぶならそうなった時でも遅くない(学習コストも低いですし)、だからまずは今日本の仕事場で人気のプログラミング言語を学んでおけ、とこういうわけでPythonはお勧めしない言語という人もいるわけです。

トラブルシューティングに日本語の情報が少ない

トラブルシューティングにおいて日本語の情報が少ないことは学習する上では結構致命的です。

いくら学習しやすい言語だといっても言われたとおりにやっているつもりなのになぜかうまくいかないとトラブルシューティングが必要な場面は必ず出てきます。

そんな時に、日本語で情報を調べようとしたらそれらしい情報が見当たらない…英語で調べようにもどういう用語を用いて調べたらいいかわからないといった壁に当たってしまうことがあります。

英語が堪能な方ならさして障害にはならないのでしょうが、英語で調べるのは通常日本語で調べるより大変でしょうし、本来そこまでかからないはずの学習コストが情報が見つからないことで膨れ上がってしまいます。

こうするとモチベーションが一気に失われて挫折してしまうというケースもあるのでやめておいた方がいいといわれるわけです。

ただ、最近は初心者が学習するために必要な情報は大抵日本語で拾うことができるのでそこまで最初の学習段階ではそこまで問題視する必要もないかもしれません。

まとめ

Pythonが初心者の方におすすめの理由はやはり取っ付きやすいというのが一番大きいです。
プログラミング習得自体に不安を感じるようであればまずはPythonで学んでみるというのも手です。

お勧めできない理由もいくつかありますが、時が経てば改善されるようなものもありますので、気になったらやってみるといいと思います。

プログラミングというものがある程度体系的に理解できたら自分がやりたい目的に合わせて基幹系ならJava、機械学習ならPythonやR、ゲーム開発ならC++といった形で選択するとよいでしょう。

今回はここまでです。

お疲れ様でした。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

本業ではPHPを使ったWEBアプリやJavaを使用した基幹アプリを作成しております。Pythonは個人的に勉強しており、E資格を取ったりしたおかげで、業務でAIの研究とかも任されるようになりました。学習のアウトプットのために本サイトを運営しておりますが、これからPythonを学ぶという人のお役に立てればいいなと思います。わからないことや調査して記事にしてほしいことがございましたらご連絡いただけると幸いです。

コメント

コメントする

目次
閉じる